So-net無料ブログ作成

著作権について小難しく考えてみました。 [音楽]

以前、作曲の定義について小難しく考えてみました。
そこでは、『作曲≠新たにメロディーを生み出す』と言えるという結論に至りました。
では、著作権とは何を守る法律なのでしょうか?

というわけで、「著作権」とはどんな権利を守っているのかを小難しく考えてみましょう!
先ずは意味。
======================================================
「著作物」とは・・・。
①著作によって作られたもの。思想や感情を文章に表出し,これを印刷して発行したもの。著作。
②著作権法上,思想または感情を創作的に表現したもので,文芸・学術・美術または音楽の範囲に属するもの。
(Weblio 辞書より)
======================================================

具体的な曲を使って考えてみましょう(あくまでも個人的な見解です!)。

JASRACに登録されている曲に「はじめてのチュウ」という曲があります。
あんしんパパの曲です。ちなみに著作権者は、作詞・作曲共に実川俊晴さんです。
この曲はいろんなアーティストがカバーしてます。

 注:作詞の考察は割愛します。

あんしんパパ


Hi-STANDARD


Platina Jazz


他にもつるの剛士、DJ SASA WITH The ISLANDERS、etc
(敬称略)


Hi-STANDARDの方は、メロディーはそのままでコードはところどころ違うって感じです。

Platina Jazzの方は、メロディーを崩して歌ってますが、オリジナルに準拠してると言えるでしょう。
コードはどうでしょう。Jazzですから当然テンションが多用されており、リハーモナイズもされてるようです。
趣が違っててかっこいいですね。

以上の事から、このように推察できます(歌詞は除外してますよ)。
 ①コードには著作権は発生しない。  ②大雑把なメロディーラインだけが著作権に守られている。


では、「曲が似ていると感じるポイントについて」の記事で取り上げた曲で考えてみましょう。
AKB48「前しか向かねえ」とモンゴル800「小さな恋の歌」の2曲です。
JASRACでは違う作品コードが付いておりましたので別曲として扱われています。
つまり、両曲共に「それまでなかったもの」ということになります。

これは、全く同じフレーズがあったとしてもある程度の長さで捉えれば全く同じではないし、
全体を通してその曲を素にしているとは言えないという判断から
「それまでなかったもの」と見なせる、ということではないでしょうか。

過去の判例を見てみましょう。
題材は「記念樹事件」です。「記念樹」が「どこまでも行こう」の盗作と認められた事件です。
この2曲は確かに全体を通して似てます。構成が少ないということもありますが・・・。

さらに「親告罪」について触れておきましょう。
「親告罪」とは、簡単に言うと訴えられない限り犯罪にならない行為(罪)の事。日本の著作権は大部分が親告罪となってるらしいです。
余談ですが、TPP参加による非親告罪化という話もあり、非親告罪になると同人誌の大半が犯罪になると言われてますね。
今でも原作者が訴えれば犯罪になるような行為が行われてるわけですが・・・。

「記念樹事件」は小林亜星さんが服部克久を訴えたことにより盗作扱いになりました。
つまり、小林亜星さんが訴えなければ犯罪にはなってなかったということです。
そこら辺の判定まではJASRACは行ってないのです。

訴える側にしても評判が落ちそうで怖いから訴える人が少なそうですね。
だからこそ盗作がまかり通るとも言えるかもしれませんね。

ちなみに、「どこまでも行こう」をフレーズ単位で見ると他にもたくさんの曲で聴いたことがあります。
小林亜星さんが本当のオリジナル・メロディーの作者なのかもしれませんが、
今や使い古されたメロディー(素材)の寄せ集めみたいになっちゃってます。
お暇な方は探してみてはいかがでしょうか?

と言う訳で、「前しか向かねえ」は盗作かもしれませんが、まだ犯罪にはなってないのです!


以上の事から個人的な見解はこうです。
*************************************************
 ・コードには著作権は存在しない。  ・カバーなら原曲のメロディーを多少変更してもメロディーに対する著作権は守られる。  ・メロディーを盗用しても「オリジナルだ!」と主張すれば、盗用された楽曲のメロディーに対する著作権は守られない。   ただし、既存楽曲の作者が訴えれば守れる可能性がある。
*************************************************

どのくらいの長さ・小節数で捉えればいいのかは、かつて訴訟に発展した事件等を参考に検証しなくてはならないと思われます。
今回は割愛します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『作曲』の定義について小難しく考えてみました。 [音楽]

前回、前々回の記事を書いて感じたことがあります。
それは、『作曲』の定義についてです。
何をすれば作曲した事になるのでしょうか?

前回、前々回の記事はこちら。
曲が似ていると感じるポイントについて
曲が似ていると感じるポイントについて<パート2>

とりあえず、辞書で調べてみました。
-------------------------
「作曲」とは・・・。
音楽上の作品を創作すること。また,詩や台本などに節付けをすること。広義には,即興演奏のように,演奏が同時に作曲行為である場合,あるいは偶然性音楽のように,作品の最終的形態が演奏者にゆだねられている場合なども含まれる。
(Weblio 辞書より)
-------------------------
「創作」とは・・・。
それまでなかったものを初めてつくりだすこと。
②翻訳などに対して,作家の主体的創造力によって芸術作品をつくりだすこと。また,その作品。
③事実でなく想像によってつくりだすこと。また,その話など。
(Weblio 辞書より)
==========================
英語ではどうでしょう?辞書で調べつつ、長年英語で仕事している人に聞いてみました。

「compose」(Weblio 辞書より)
 〈集められた素材が〉〈ものを〉構成する,〈…の〉基礎をなす.
 〈…を〉成り立たせる
 〈曲を〉作曲する.
 〈詩文を〉作る.
 〈絵を〉構図する.

「write music」は、古い言い回しの名残。ニュアンス的にはcompseと同じ。
「create music」は、どちらかというと編曲のイメージ。
「set to music」は、詞先のニュアンスが強い。
-------------------------
集められた素材 = メロディー
だとするならば、既存のメロディーをかき集めて曲を構成しても『作曲』になるのだから、
作曲 ≠ メロディーを新たに作り出す
と言うことになるのではないでしょうか?

また、作曲=composeであるならば、このような解釈ができると思いました。

多くの曲は複数のフレーズ(メロディー)から成り立っていると思います。
つまり、作品を作るということは新たにメロディーを生み出すこととイコールではなく、素材(メロディー)を組み合わせて作品を構成する事であり、その素材の組み合わせが「それまでなかった」のであれば「創作」したことになるのではないでしょうか。
そうなると、出来上がった作品が既存メロディーの継接ぎかどうかは関係ありません。

よって「音楽上の作品を創作」という表現では、
新たにメロディーを生み出さなければならないとまでは読み取れない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これは、あくまでも理論的に考えてみた屁理屈です。
実際の作曲はメロディーを生み出すべきだと思ってますし、日本のメロディーを生み出す力についても思うところは有ります。
また、海外の訴訟を見てみると厳しい判定がされている印象を受けます。
前回、前々回で取り上げた曲達の似てる度合と同等かそれ以下でも訴訟に発展してるようですし・・・。
その辺の話はいずれやろうかな。

こうなってくると、知的財産や著作権の話まで行っちゃいますね。
ということで、次回は著作権を考えてみようかと思います。


余談ですが、日本では「メロディー・メーカー」なんて表現をCDの試聴記とかでたまに見かけますが、英語圏では言わないらしいです。
それを言うなら「Melody Writer」が正しいそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

曲が似ていると感じるポイントについて<パート2> [音楽]

今回も既存の楽曲を用いて「なぜそう感じるのか」を主観的に分析しているだけのつもりですが、前回の記事同様、人によっては誹謗中傷と感じるかもしれません。
ですので、初めにお詫び申し上げます。
******************************************************************

前回の宣言通り175R「空に唄えば」を取り上げてみたいと思います。
比較対象楽曲はずばり、水樹奈々「ミラクル☆フライト」です。

曲を知ってる人は、「なるほど言われてみれば・・・」とか「知ってたよ」とかあると思います。

さて、早速コード検証からスタートです!
ちなみに、比較しやすいように両方ともキーを「C」にして、「ミラクル☆フライ」をオクターブ下に採譜してます。

Sora-ni-Utaeba_2.jpg Miracle Flight_2
音源 → 175R「空に唄えば」/ 水樹奈々「ミラクル☆フライト


<考察1:コード進行>
まず、コードで違う箇所を挙げてみます。

 ①2行目「空に唄えば」では「G」、「ミラクル☆フライト」は「E-」
 ②3行目「空に唄えば」では「C」、「ミラクル☆フライト」は「A-」
 ③4行目は全体的に違う。

①&②についてですが、実は全く同じ違いを前回検証したので割愛します。

問題は③なのですが、4行目の前半2小節のコードは「F」「D-」「F#dim」です。
これらはKey=Cにおいてサブドミナントとして機能しますので、両楽曲とも機能的強調文に同じとみなせます。
後ろの2小節も「Gsus4」を経由してから「G」へ行くか、直で「G」へ行くかの違いでしかなく、
機能的にはドミナントです。なので同じとみなしてよいでしょう。

結果、コード機能として同じであると言えると思います。


<考察2:メロディー>
まず「ここが押えるべきポイントだ!」と思った箇所を赤で囲って番号を振りました。
全く同じ箇所という訳ではないので、1つずつ押えるポイントを挙げて行きたいと思います。

①は音の長さが違うだけです。

②はどちらも「ド」から「ソ」へ進む動きであることです。
前回検証した「前しか向かねえ」も「小さな恋のうた」も同様でしたね。
やはりこの進行が音感的に同じに聞こえるポイントだと確信しました!

③は音の長さが違うだけです。

④7小節目でのメロディーの解決音が「ソ」であることです。

後半の9~12小節は違うメロディーと言えると思います。個人的には。
ただ、前半はやはり似てると思わせるポイントが見受けられると感じました。


今回、上記の実証実験は割愛します。


<私的見解>
今回の個人的な見解・感想は、前回の記事と同様です。

 ● コード進行が機能的にある程度同じであること。  ● 同じようなコードとリズムの流れの中でほぼ同じメロディーが同じ箇所に出てくると、似てる感じる。

意外だったのが、「空に唄えば」と「小さな恋のうた」が似てると言われていて自分も確かにそう感じてましたが、
メロディーのポイント的には似てる箇所が少ないような気がしました(①&②くらい)。
前回の検証でも感じましたが、やはりコード機能の類似がかなり大きな要因っぽい気がしますね。


皆さんはどう感じたでしょうか?

要望があればまたやってみようと思うかもしれませんが、似たようなことをやってもしょうがないので
違うアプローチの検証をしてみたいと思います。

いつになることやらですが。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

曲が似ていると感じるポイントについて [音楽]

この記事では、既存の楽曲を用いて「なぜそう感じるのか」を主観的に分析しているだけのつもりですが、人によっては誹謗中傷と感じるかもしれません。
ですので、初めにお詫び申し上げます。
******************************************************************
少し前、AKB48 「前しか向かねえ」を聴いた時、モンゴル800175R等が思い浮かびました。他にもいくつか浮かびましたが・・・。
そして、ネット上で検索すればすぐに同意見の人がいることがわかりました。
そこでは「モンパチと175Rとかをごちゃまぜにしたような曲」だとか「コード進行が同じ」だといった意見がありました。
しかし、メロディーが丸々パクられているわけではないですし、コード進行が同じ曲なんて他にいくらでもあります
それなのに上記のような曲が連想させられるのは、どっかしらのポイントが同じなんだろうと思い、そのポイントを探ってみようと思ったわけです。

そこで以下の曲を使用し、検証して行きたいと思います。
 ・AKB48「前しか向かねえ」  ・モンゴル800「小さな恋の歌」

余談ですが、個人的には著作権を侵害しているとは言えないと思ってます。
著作権って色んな意味でその程度だと思ってます(問題発言?)w

まずはメロディーとコードをコピってみました。検証しやすくするために以下のような変更をしました。
 ・「前しか向かねえ」をオクターブ下に記譜。
 ・「小さな恋のうた」のキーを「C]に移調。
Score_00_Copy01.jpg
音源 → AKB48-前しかむかねぇモンゴル800-小さな恋のうた


※以降では、前半の8小節について考察していきます。後半は繰り返しみたいなもんなので。
******************************************************************
<考察:コード進行>
まず、コードが違う箇所を上げてみます。
 (1)2つ目のコード。「前しか向かねえ」では「G」、「小さな恋のうた」は「E-」
 (2)6つ目のコード。「前しか向かねえ」では「A-」、「小さな恋のうた」は「C」
 (3)7つ目のコード。「前しか向かねえ」では「D-」、「小さな恋のうた」は「G」
 (4)8つ目のコード。「前しか向かねえ」では「G」、「小さな恋のうた」は「A-」

(1)について、機能的には「G」はドミナント、「E-」はトニックで機能が異なります。
ですが構成音で考えると「G」は「ソ・シ・レ」「E-」は「ミ・ソ・シ」で1音しか違いません(順番は無視)。
両曲ともメロディーが「ソ」へ解決しているので「G」「E-」を入れ換えても成立するでしょう。
若干ニュアンスは変わりますが、ほぼ一緒と考えてよいと思います。

(2)は、機能的に「A-」も「C」もトニックですし、「A-」は「C」の代理コードとして使用されたりします。
構成音も「A-」は「ラ・ド・ミ」、「C」は「ド・ミ・ソ」で、1音しか違いません。
これも一緒と考えてよいと思います。

(3)は、機能的には「D-」がサブドミナント、「G」はドミナントで、
構成音も「D-」は「レ・ファ・ラ」、「G」は「ソ・シ・レ」で、今度は1音だけ同じです。
(4)は、機能的には「G」がドミナント、「A-」はトニック。
構成音も「G」は「ソ・シ・レ」、「A-」は「ラ・ド・ミ」で、これも1音だけ同じです。
ですので、(3)(4)は同じとみなすのは無理があると思います。

結論は、『頭から6つのコードまでは同じように聴こえると言えなくはない。』です。

******************************************************************
<考察:メロディー>
まず「ここが押えるべきポイントだろう」と思った箇所を囲って番号を振りました。
全く同じ箇所という訳ではないので、1つずつ押えるポイントを挙げて行きたいと思います。
Score_00_Copy02.jpg
音源 → AKB48-前しかむかねぇモンゴル800-小さな恋のうた (上にあるのと同じです)

① 出だし2音は下降と上昇で違いますし、その後の2音も音が違います。
  ここで抑えるポイントは、4つの音全てが4分音符という所です。
  このリズム感が大事だと推察しました。

② 「前しか向かねえ」では「レ」を経由してはいるものの、「ド」から「ソ」への動きは共通しております。
  この動きが音感的に同じに聞こえるポイントだと推察しました。

③ 説明は要らないですね。最後の音の長さが違いますが、それ以外は全く同じです。

④ 「2部音符=4部音符+4部休符」に変換すれば、音程は違えどリズム的には同じということ。
  さらに、5小節目の最初の音が「ラ」、6小節目の最初の音は「ソ」。この音の動きは押えておくべきポイントと思ったので挙げておきます。

⑤ やはりすべて4部音符ということ。
  そして、最後の音以外は同じ音であるということ。

以上、ポイントを挙げてみました。
これらのポイントが1つでも外れると似てなくなるわけではないと思いますが、
より多くのポイントを押さえることが似てると感じる条件ではないかと推察します。

では、その推察を実証してみましょう!

******************************************************************
<検証>
5パターンの音源を作ってみました。

 検証デモ1:自作メロディー1
 検証デモ2:自作メロディー2
 検証デモ3:「前しか向かねえ」Jazzyバージョン
 検証デモ4:自作メロディー1、Jazzyバージョン
 検証デモ5:自作メロディー2、Jazzyバージョン

では1つずつ行きましょう!
その前に復習。
Score_00_Copy02.jpg
音源 → AKB48-前しかむかねぇモンゴル800-小さな恋のうた

---------------------------------------
検証デモ1は、<考察:メロディー>で挙げたポイントすべて押さえたメロディーになってます。
コードは「前しか向かねえ」を素に一部変更して少しオリジナリティーを出してました。ま、無駄な足掻きですな^^
Score_01_検証DEMO1-自作メロ1
音源 → 検証DEMO1-自作メロ1

これはパクリ認定されちゃいそうですね。
当たり前ですが、やはりポイント③のメロディーが似てる感を強く出してます。

---------------------------------------
検証デモ2は以下の通り。コード進行は検証デモ1と同じです。
 ①:最初の2音だけポイントを押さえてます。
 ②:ポイントを押えつつ少し修正。
 ③:リズムを活かして音程を変更。
 ④:「ラ」から「ソ」への動きだけ活かして修正。
 ⑤:最初の2音だけポイントを押さえてます。
Score_02_検証DEMO2-自作メロ2
音源 → 検証DEMO2-自作メロ2

メロディーのリズムが一緒なところで似てる感を感じますが、パクリ感はわりと薄れた気がします。いかがでしょうか?

---------------------------------------
検証デモ3は、「前しか向かねえ」のメロディーにJazzyなコードを乗せてみました。
「コード進行が同じ」だという意見の検証です。「小さな恋の歌」に似てると感じるかどうかという視点で聴いてみて下さい。
Score_03_検証DEMO3-前しか向かねえJazzyバージョン
音源 → 検証DEMO3-前しか向かねえJazzyバージョン

個人的には、かなり違った聴こえ方をすると思いました。やはりコード感も大事ということでしょう。
意外だったのは、ポイント③です。コードの動きに耳が行っちゃうせいか全く同じメロディーなのに意外と違った聴こえ方がするなぁと思いました。
これなら日常で曲を聴いてる時にこのフレーズが出てきたとしても気づかない、なんて人がいてもおかしくないかなと思いました。
まぁ所詮はメロディーが同じなので気づく人は多いと思いますが・・・。

---------------------------------------
検証デモ4は、検証デモ1のメロディーにJazzyなコードを乗せてみました。
Score_04_検証DEMO4-自作メロ1のJazzyバージョン
音源 → 検証DEMO4-自作メロ1のJazzyバージョン

感想としては、検証デモ3と同じなので割愛。

---------------------------------------
検証デモ5は、検証デモ2のメロディーにJazzyなコードを乗せてみました。
Score_05_検証DEMO5-自作メロ2のJazzyバージョン
音源 → 検証DEMO5-自作メロ2のJazzyバージョン

かなりパクリ感が薄れているのではないでしょうか?
もはや別曲といった感じがしますかね。

いかがでしたでしょうか?

******************************************************************
<私的見解>
今回、自分で詳しく検証してみた結果の個人的な見解・感想は以下の通りです。

 ● コード進行が機能的にある程度同じであること。特に出だしから4つ目までが重要な気がしました。  ● ほぼ同じコード進行で、且つメロディーのリズムが同じだと音程が違っても似てる感じが出ると思いました。  ● 同じようなコードとリズムの流れの中で、ポイント③のように全く同じメロディーが全く同じ箇所に出てくると、   グッと似てる感じが強まると思いました。流れも大事!  ● そっくりなメロディーの所でコードを大胆に変更するとある程度は誤魔化せるかも?

皆さんはどう感じたでしょうか?

他にも似てる・似てない論争が繰り広げられている曲はたくさんあります。
それらも検証してみると論争に終止符を打てるかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。